CMS導入に向けて

CMSコンテンツマネジメントシステムを導入するにあたってどのような工程が進められていくのでしょうか。まずはコンサルティングによって概要を決めていきます。データ定義やマスターテンプレートなどを進めていきますが、最も大変なのがデータ移行作業の部分です。このデータ移行作業の部分が最も導入コストに差をもたらすとも言われています。手作業で頑張らなくてはいけない場合もあれば、機械的にデータを取り込めるものまでいろいろなので、CMSソフトを選択する場合にこのデータ移行作業の内容とそれにかかる費用に関して事前に確認しておく必要があります。

CMS導入に際して無料(オープンソース)のものと有料のものがありますが、オープンソースのものは費用的にはメリットがありますが自分の会社にエンジニアがいなければ外部の企業にサポートを依頼しなければいけません。逆に言うとエンジニアを有している会社にとってはオープンソースは使いやすいでしょう。一方有料のCMSの場合は構築からサポートまで任せられるというのがメリットです。CMSを導入する場合はこうした部分も含めてCMSの選定をおこなっていく必要があります。これからもどんどんとCMSを導入する会社が増えてくるのではないでしょうか。

多言語サイトの作成

多言語サイト最近では同一のウェブサイトを多言語で閲覧できることが多くなっています。日本語や英語だけでなく中国語やスペイン語、さらには韓国語など関わりが多い言語でも閲覧できるように多言語サイト化されてきています。こうした多言語サイトを作成する場合にもCMSが重要な鍵を握っています。多言語サイト作成に対応しているCMSを使うことによって運営管理はスムーズに進むようになり使いやすいウェブサイトを運営していくことができます。単純に言語数が増えるほどサイトの運営管理も大変になっていくものですから、多言語サイトを作成、運営している企業こそCMSを導入すべきでしょう。

多言語対応のCMSの場合、翻訳フローがすでにCMSに含まれている場合もあり、必要な文章を一括で翻訳からCMSへの反映までをおこなってくれています。翻訳管理という通常負担が大きい部分をCMSがおこなってくれるので非常にパフォーマンスの高いシステムとなっています。CMSによって多言語サイトを管理すると作業時間を減らすだけでなく、結果的にコストダウンも実現できます。手動でやっていた作業が自動的におこなわれるようになりミスも減りますので多言語サイトの構築はCMSでおこなうようおすすめいたします

推奨≪http://www.vibitcms.com/
└多言語サイトの作成が簡単にできるCMS「vibit CMS Neo」です。

コンテンツマネジメントシステムとは?

CMSIT関連の知識というのはどんどんと増し加えられており、ビジネス上で有利に物事を進めるためにも多くのシステムが開発されています。今注目したいのはコンテンツマネジメントシステム(CMS)というものです。CMSとは簡単に言うとウェブサイトを管理し更新できるシステムのことです。一般的にウェブサイトの管理や更新はかなり専門的な職業と言われており、SOHOなどでもウェブサイトの管理ができる人などが多く求められています。ウェブサイトの更新にはHTMLを使いこなすことやテキストや画像の処理なども必要になってきます。さらに他のウェブページからのリンクも付けたりとなかなか手間がかかる仕事が多いのです。

このように多くの専門知識と手間がかかるウェブサイトの更新ですが、CMSを使うと比較的簡単にウェブサイトの更新をしていくことができます。CMSでは専門知識が必要な難しい部分がシステムによってきちんと制御されているので、他の最低限の情報を入力していけば良い仕組みになっています。またリンクの更新や新着情報の更新などもCMSによってオートマティックにおこなわれていくので今までサイトの更新で苦労していたものが一気に簡略化されています。CMSがある場合と無い場合では作業にかかる時間などが大幅に違ってくるので、ビジネスにおいてウェブサイトが欠かせない現代、CMSも本当に必要不可欠な機能になっているのではないでしょうか。

まずは多言語サイトの作成について解説していきます。